About FRAGILE

FRAGILEについて

FRAGILE フラジャイルについて

2001年広島駅から徒歩約10分、広島市東区山根町にオープンしたフローリストです。

仕入れたばかりの新鮮な花をお届けしたいので、ギフト用の花束やアレンジメントは
事前に予約することをオススメしています。
なかにはギフトでFRAGILEから届いた花が「1ヶ月以上、保って驚いた」と、
自分が花を贈る際は、頼みに来られる方もいらっしゃいます。
人を喜ばせるには、相手を思う贈る側の気持ちが大切だと思います。
良い花を贈るために、少しだけ早めにご予約ください。
私たちも良い花を仕入れ、制作する努力を惜しみません。
花贈りは「笑顔を作り出す」お客様とFRAGILEの共同のアートだと思います。
※ とは言え、ついうっかり…とか、急に花束が必要にになる場合もあると思います。
ご安心ください。その場合は、出来る限りお作りしています。
お急ぎのご注文は、フリーダイヤル0120-268-632へお電話ください。 

Y.Oさん

MARKETING MANAGER

お花届きました!今日、おばあちゃんがデイサービス行く前に届いたみたいでえらく喜んでくれました。 いつもステキなお花ありがとうございます 私の中での、合言葉。お花は、フラジャイル! また、私の好きなバラまで選んで入れてもらえて幸せです。でも、そのバラの名前が覚えられてない。スイートなんとかだった気がしてます。またお時間ある時に教えてください

A.Kさん

designer

ありがとうございます! ちょっとエロっぽくもあり(笑)、華やかでサスガです。って偉そうですが…。 奥さんも友達もHさんも喜んでくれると思います。 ありがとうございました~

Y.Kさん

昨日はありがとうございました。私が主催者だったので席を外すことができず、ごあいさつもできず申し訳ありませんでした。でも、おかげでサプライズ、すごく喜んでもらえました。ありがとうございます!!

N.Nさん

お世話になります。 七夕の日にプロポーズ用で花をお願いしたNです。 その節は綺麗な花を見繕って頂き、ありがとうございます。肝心の連絡を怠りすみません…。 仕事が忙しく、失念しておりました。 結果は…無事に成功! 彼女も大好きな黄色い花に喜んでくれました。 一生の思い出になる七夕となりました。 これから色々忙しい日々になりそうですが、 忙しさも楽しもうと思います。 またお願いすることがあると思います。 その際はよろしくお願い致します。 ありがとうございました!

K.Oさん

美容院の開店祝いのアレンジをお願いしましたOです。 先方に無事にお花を届けていただき、本当にありがとうございました!センスがいい!ととても喜んで貰えて嬉しい限りです。 急な要望にも対応して頂き感謝しております。又機会がありましたら宜しくお願い致します! ありがとうございました!

E.Oさん

昨日は素敵な会場装花にブーケ、サプライズの花束まで本当にありがとうございました。 想像通り、いえ、想像以上にステキで本当に本当に嬉しかったです。 直接お礼をしたかったのですが、当日はお会いできずに残念。 ネットでフラジャイルさんを見つけてお願いしたい!と思ったら、高野さんのブログに載っていたチラシからA子ねぇさんとお知り合いだってわかってまず1つ感激! Yさんにネットで見つけたお花屋さんにお願いしたいって話したら最初は断られてがっくりしてたところ「ちなみに花屋さんのお名前は?」って 聞かれてフラジャイルさんのお名前を出したら、 Yさんが嬉しそうに「大丈夫です!うちでできます!」って言われてさらに感激! フラジャイルさんへの勝手な熱意が実を結んだ瞬間、奇跡だー!って思いました。 ドレスにお花がぴったり合っていたねって褒められて、高野さんさすがです~!と思いました。 感動を書き出したら止まりませんが、 あまりに長くなっても申し訳ないので、このあたりで。 と思いましたが、もう1つだけ! ブログ見ました!私達の為に用意して下さったお花が載っていました。 また昨日の感動を思い出しました。 お天気大丈夫だったの高野さんのお蔭なんですね(^^)重ね重ねありがとうございました。 それでは、本当にこのあたりで失礼しようと思います。 フラジャイルさんは私達にとって特別なお花屋さんです。 これからもちょくちょくお世話になります。 ますますのご活躍楽しみにしています♪


FRAGILE philosophy 経営哲学

 

■Theme

- Making smiles,the best -
笑顔を作り出すこと。それが一番のクリエイティブ。

■Cred

優れた音楽のように。
心を打つこと。心に響くこと。心に届くこと。心に残ること。
誰かが誰かに感謝や愛情を花に託し贈る。そのお手伝いに誇りと責任を持ち続けること。私たちはそんな店づくりをめざしています。
扱うのは、感動や感情、お客様の想いである。
お客様の立場に立って、その想いを丁寧に扱い、花の美しさに置き換えること。そして、それを私達も楽しむこと。

お客様の想いを笑顔(感動)に変える触媒になろう。

お客様と、花を贈られる人の笑顔(感動)を生みだす、パートナーになること。パートナーとは、一店員ではなく、感動を作り出す知識と技術を持つクリエイターであること。

■STAFF

imgp3724

 

Takashi Takano 高野崇  photographer / Floral stylist / 

1973年、北海道出身 豪雪地帯のニセコ連峰と蝦夷富士羊蹄山の麓で生まれ、ミニスキーを履きながら小学校に通う。

親の転勤により10歳で宮城県仙台市へ。転校先は、いじめのあるクラスだったが、顔合わせ的な放課後の野球で、タイムリーを含む2安打を放ち、速攻クラスに馴染む。その後、いじめっ子といじめられっ子の間に入って、両者を和解させるなど、周りの空気を読むのが抜群にうまくなる。

国立宮城高専材料工学科卒業後、大手ファッション衣料販売店入社後、各店店長を経てバイヤーになったが、偶然本屋で見かけたフラワーデザイナーの雑誌で花の魅力に気づき、前職を退職し妻の出身地である広島市へ移住。

2001年 広島市東区山根町にフローリスト FRAGILEを妻とともにオープン、初めは鳴かず飛ばずで夜間工事現場でバイトするなど苦労するが、多くの人に助けられて2005年頃から店が軌道に乗り始める。

現在、FRAGILEにて、フローラルスタイリストの活動を主軸に、別業態alohacreateにてフォトグラファーとしても活動中。

 

 

KAY TAKANO 高野桂   FLORAL STYLIST

2011年、花屋10年目、35歳の時に病気が発覚。以来、東洋医学的養生法を学び始め、食生活や暮らし方を見つめ直すしベジタリアン(ビーガン)に。次第に考え方や生き方が変わっていくことになる。病気も克服、完治。花との向き合い方も、デザインやアートの視点から、癒やしの視点へと意識が向いていく。只今、夫と私と愛犬くるみ、時々母と田舎暮らしを満喫中。

2013
電子書籍「卵・乳製品を使わないのに美味しいお菓子作り」発行
(http://p.booklog.jp/book/24343)

2015
電子書籍 「洗心健美」発行←ガン養生について。
(http://p.booklog.jp/book/90379)

2015~
メディカルハーブとビーガンスイーツのWS開催。
現在も、東洋医学の研修・勉強を重ねる。趣味はヨガ・SUP・キャンプ・酵素風呂・手作り化粧品を作ること。

※大の犬好き→→電子書籍の売上金、3分の1を犬猫みなしご救援隊に寄付することにしている。

YURIKA WATANABE 渡邊裕梨佳    FLORAL STYLIST

1992年、広島県出身。母親が大の花好きで、小さい頃から花のある環境で育ったこともあり、自然と花が好きだった。学生時代は建築デザインを学ぶ。そこで仕事を追求するプロと接するうちに、漠然と、自分も花を勉強したい、花の仕事をしてみたい、と思うようになる。

しかし、花の仕事に就きたいと思いつつも、なにも知らない、右も左もわからない状態だった。そんな時にFRAGILEと出会う。まずは花について基本的なことを知ろうと思い、FRAGILEのスクールにてFDAコースを受講し、勉強を始める。ただいま絶賛修業中。
プライベートではシンプルで上質なものが好き。休日は、行ったことのない場所へ旅行したり、ドライブしたり、たまーに着物を着たりして楽しんでいる。笑顔があれば、人生なんとかなるさのポジティブ脳の持ち主。

 

最近の仕事と雑誌掲載等

2016年、G7広島外相会合 船上装飾等

フラワーデコレーター協会会報誌「華輪」連載 Living flower lesson 執筆

月刊フローリスト プロ15人の事例に教わるウェディングの秘訣 掲載

月刊フローリスト 花の美ラッピング 掲載

月刊フローリスト クリスマス美リース 掲載